スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず通常モードへ

戻りました。
復帰前と比べると身体面でいろいろ不安要素があり、無理が効かなくなったことで
職場での周囲の評価はダダ下がりではありますが……自分さえ居直る気になれれば、
福利厚生面上、こちらの傷病を理由に解雇はできないから、どうにか現状維持で行き
たいと思います。

まああれだ。絶対にこれ以上のステップアップは望めないってことが周囲の態度から
ビシビシ伝わってくるし、ほぼ同一ポジションだった相手からあからさまに見下される
ことも増えたけど、居直るしかないしな。

本来自分は後方支援部隊の統括という立場なはずなのに、「後方支援なんか仕事の
うちに入らない。そんな暇あったら少しでも営業収益を稼げ」だの「お前の仕事は正社
員の仕事じゃない」だの、その後方支援に面倒ごとの全部を丸投げして、ひたすら営業
活動に特化している立場の同輩から見下されるのは理不尽だよな。

あげく、そういう前線部隊の言い分に1から10まで同意して、「もっと要領よく仕事回せ」
「後方支援統括しながら営業収益も上げろ。それができないのはお前のやる気がない
からだ。前線部隊に申し訳ないと思わないのか」「そんなざまだから入院する羽目にな
るんだ」とか、連日連日、ボスに詰められる行き場のなさ。

でもここでキャパ以上の無理したら自分の体に反ってくるし、そうしたら一生高度障害
持ちになることは目に見えてるので、スルースキルを磨いていくしかない。
次に大きな発作来たら確実にそうなるって医者から宣告されてるしな。

雇用されている以上意図的に手を抜くつもりはないけど、自分の命のほうが大事なので、
これ以上職場に献身するつもりはないし。自分なりに収益稼いだそばから「そんな活動
の仕方は的外れ。前線部隊と足並みそろえろKY」とか詰められる時点で、今の自分が
何やっても周囲から認められることはないんだろうし。

いまはスルースキル磨きつつ、少しずつ自分のメンタルあげていけるようにプライベート
を充実させていきたいと思うけど、いつか現役引退したら、あの職場絶対労基に垂れ込
んでやる。



なんて長々と愚痴ばかりすみません。
ともあれ、ここから少しずつ創作活動なども再開していきたいと思うので、また時折足を
運んでいただけたら嬉しいです。

メッセージなどでご心配のお言葉をかけてくださった方々、本当にありがとうございました。
心身ともになかなか調子が戻らない時期に温かいお気持ちを頂けて、本当に力づけられ
ました。
よろしければ今後とも、呆れずにお付き合いいただけましたら嬉しいです。
スポンサーサイト

入院しました

色々無理をごり押ししたのが祟ったのか、入院騒ぎになりました。
生まれて初めて救急車乗ったわ…

年内に退院できるかどうかって感じらしいけどやっちまった感ものすごい。

これでまた職場から吊し上げられるんだろうな…

自分が関わってもいないことで周り中から責められて、本来管轄しなければいけないはずの上司がおとがめなしなのは理不尽過ぎる。

仕方なく事態を収集するべく行動すれば、今度は「なんでいま行動する。そんなの月曜日でいいんだKY」と責められる。

よってたかっての人を責めてきた連中は、その後キャッキャウフフと楽しそう。

こっちになんの責任もないことを攻撃の材料にしないで

ご無沙汰しております

実質開店休業状態だったこの5ヶ月間、ご心配や励ましのお言葉を残してくださった方々、
本当にありがとうございました。

現在色々リハビリ中ですが、春先よりは心身ともに落ち着いた状態になってきました。
ただ、そうして経過を観察する中で、先天性の疾患があったことも判明して、そちらも並行
してケアを受けているため、まだしばらくは落ち着いて創作活動を楽しむ状況には戻れそ
うにありません。

職場でも異動があり、私は今の部署に残留となりましたが、結果、ストレッサーがさらに
増える結果となりました。もう少し自分の状態が落ち着いてくれば、また創作に没頭して
ストレス緩和に努めていきたいところなのですが……現状では、まだそういう精神状態を
保つことができそうにありません。

本来、ご連絡くださった方それぞれに、ご無沙汰のお詫びとお礼を申し上げたいのですが、
いまはこうした現状報告の文面すら言葉がまとまらない状態です。
もう少し心身ともに落ち着いてきたら、それぞれ個別にご挨拶をさせていただきたいと
思っておりますが、まずは現状報告とご無沙汰のお詫びまで、こちらに残させていただき
ました。

またご縁を頂けましたら、色々とお話しさせていただけたら嬉しいです。
沢山のご好意を、本当にありがとうございました。

達観というか脱力というか

いろいろ行き着くところまで行き着いた感じで、取り繕う事を放棄。
そのまま診断を受けたら真っ黒判定きたよ。
ショックを受けた部分もあるけど、なんだかどこかホッとしてしまった。
ああやっぱりねーという感じ。
でもやっぱりこういうことには身内相手でも受け入れてもらえないのな。
肉親の口から「お前は脳が壊れたんだからさっさと治療しろ」とか面と
向かって言われるのはきつすぎるわ……
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。