スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月15日一杯を以て

ピクシブのアカウントを削除しました。
自分で決めたことだし、そもそも自分の我儘で決めたことなんですが、
二年以上活動してきた足場を削除するというのは、やはりさびしいも
のがありました。

それでも、ピクシブという場所は投稿者と閲覧者の距離があまりにも
近すぎて、そこにどんどん執着していく自分の依存状態を、自分でどう
する事もできませんでした。
ピクシブで連載していた「一週間」への、閲覧者の方の反応を逐一
気にして、挙句に気持ちを折ってしまったのも、ひとえにその依存によ
る体たらくだったのだと思います。

随分と身勝手をしてしまいましたが、これからまた気持ちを立て直して、
自分なりのペースで活動を続けていきたいと思っています。
正直、ピクシブからの撤退を決めて気持ちに踏ん切りをつけてから、
むしろ、連載の続きを書きたいという気持ちが強くなりました。
ピクシブという場所を離れたことで、確実に閲覧者の方は減ってしまう
だろうと思いますが、自分の納得がいく話を書けるように頑張って、サ
イトに訪れた方がそれを楽しんでくださったら嬉しいです。

でも、随分と不義理をしてしまったなと、自分の我儘を申し訳なく思い
ます。
ピクシブ撤退を告知した当初、正直なところ、こんな身勝手な理由で
撤退するからには、これまで交流のあった方とのご縁もこれで途切れ
てしまうんだろうな、という諦めの境地でした。お叱りを受けるか、
あるいは呆れかえって黙殺されるか、そのどちらかだろうなと思って
いました。

結果として、思いがけず最後に沢山の温かい餞を頂いて、本当に幸せ
な気持ちでピクシブという場所を撤退することができましたが……そん
な中でも、(あまりにも自分が自意識過剰に思えて最後まで触れる事は
できませんでしたが)ピクシブを離れた場所でも、自分の行動で傷つけ
てしまったんだろうな、と感じさせられる出来事があったりして、本当に
申し訳なく思っています。




以下、私信です。

自分が自意識過剰だと笑われて終われるような、的外れの懸念であれ
ばそれに越したことはないと思っていますが……どうか、私などのこと
でショックを受けないで下さい。自分には不相応な、過分なまでのお褒
めのお言葉は本当にありがたく思いましたが、私などより、貴方の方が
もっとずっと、幅広い視野と多岐に渡る引き出しをお持ちの、素晴らしい
筆力をお持ちの方です。
傷つけてしまったのなら、本当に申し訳ありません。頂いたお言葉、本
当に嬉しかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。